Eclip’s blog

真の国際化をめざして・・・世界における日本の競馬

分岐路にさしかかった香港競馬

日本で存在感を増す香港競馬

近年、香港競馬の国際競走には日本馬のエントリーが常態化し、JRAで馬券も売られるようになりました。そのため、日本での存在感が増している香港競馬ですが、実は日本とは全く異なった形態の競馬が行われています。

全ての競走馬を輸入

まず、香港では競走馬の生産が行われていません。地理的条件を考えれば当然のことですが主にオーストラリア、ニュージーランドなどからサラブレッドを輸入しています。

以下の出馬表の抜粋は2019年に行われた香港GIレース「チェアマンズスプリントプライズ」(芝1200m)のものです。

 

馬番 馬名 調教国 生産国
1 サンタアナレーン AUS AUS
2 ミスタースタニング HK AUS
3 ビートザクロック HK AUS
4 リトルジャイアン HK NZ
5 ラタン HK NZ
6 エンゾーズラド NZ AUS
7 ウィナーズウェイ HK AUS
8 ピンウースパーク HK NZ
9 ビドラ AUS AUS
10 ナックビーナス JPN JPN

 

 出走馬の生産国の内訳はオーストラリア(AUS)が6頭、ニュージーランド(NZ)が3頭、日本が1頭となっており、香港調教馬の生産国はAUSとNZが3頭ずつとなっています。

驚異的な勝馬投票売上金額

香港競馬の勝馬投売上げは、日本、オーストラリアについで世界第3位を誇っています。すべてがパリミューチュエル方式で、ブックメーカーは許可されていません。

以下に各国の勝馬投票売上げとレース数、Gレース数の統計を表にしました。これを見ると香港のGレース比率と売上げをレース数で除算した数字が非常に高いことがわかります。ただし、香港ではサイマルキャストにより他国のレースに賭けることができるため、後者の数字は実際よりも高くなっています。

また、日本はJRAに限ればレース数は最大12x288レースなので3,500弱であり、売り上げの大半がJRAであることを考慮すれば現在の4倍以上の数字になると推定されます。

 

順位 レース数 Gレース総数 Gレース比率 売上げ(百万ユーロ) 売上げ/レース数(万ユーロ)
1 米国 37,628 447 1.2% 9,095 24
2 オーストラリア 19,154 320 1.7% 17,746 93
3 日本 16,407 129 0.8% 24,492 149
4 英国 6,400 159 2.5% 13,056 204
5 フランス 4,954 116 2.3% 9,126 184
6 アイルランド 1,172 72 6.1% 5,210 445
7 香港 807 31 3.8% 13,260 1,643

 

香港のサイマルキャストによる他国競馬場との共同賭事事業は、30年以上前に開始され、筆者も20年前に北米カリフォルニア州のOTB(場外馬券売り場)で米国内の複数の競馬場やオーストラリアとともに香港のレースもリアルタイム実況付きで勝馬投票を買って楽しんだ記憶があります。

曲がり角の香港競馬

2017年までの香港競馬の勝馬投票売上げの年次の推移を表にしました。

 

勝馬投票売上げ(百万ユーロ) 場外売上げ 比率 場内売上げ
2010 7,702 5,057 65.7% 2,645
2011 8,566 5,826 68.0% 2,740
2012 9,347 6,559 70.2% 2,788
2013 9,536 6,953 72.9% 2,583
2014 11,460 8,524 74.4% 2,936
2015 12,579 9,400 74.7% 3,179
2016 14,364 10,965 76.3% 3,399
2017 13,260 10,358 78.1% 2,902

 

 勝馬投票売上げのピークは2016年で2017年は微減となりました。これが中国経済の減速を受けた一時的なものかどうかは2018年の統計が出ないとわかりませんが、確実に言えることは場外売り上げの比率が年々上がってきている、ということです。

外国におけるサイマルキャストのロイヤリティ(通常3%)はほとんどが場外売上げに分類されるので、サイマルキャストが伸びていることがそういった結果を招いていると思われます。

実際、HKJC(香港の競馬統轄機関)の年次レポートによれば海外での23の開催と10の個別レース(JRA大阪杯を含む)が2017年~2018年(香港は7月から年次が始まる)に香港でサイマルキャストされ、受け取ったロイヤリティは55億香港ドル(約760億円)に上り、前年比6.3%増となっています。

JRAは日本開催競馬の海外へのサイマルキャストには消極的ですが、HKJCは今後海外レースの販売を増やしていく方針のようです。インターネットにより、ブックメーカーでの勝馬投票の購入が容易になっている現在、JRAとHKJCの今後の対応が注目されます。

 

JRAの花ー藤田菜七子騎手、女性騎手ワールドカップで総合優勝

4度目の海外遠征で結果を出す

現在、JRAの唯一の現役騎手である藤田菜七子騎手は、2019年6月30日にスウェーデンのブローパーク競馬場で開催された国際女性騎手招待競走「ウィメンジョッキーズワールドカップ」に出場しました。

藤田騎手は、深緑色の勝負服に日の丸デザインの帽子で騎乗し、第2レッグと第5レッグで優勝し、見事総合優勝にかがやきました。

第2レッグでは後方から4角内を突き、馬群を縫いながら外に持ち出し、最後は鮮やかに差し切るという見事な騎乗で、海外初勝利をあげました。

総合優勝のかかった第5レッグでは好スタートから逃げたところに競りかけられ、一旦2番手で折り合って直線で抜け出すという万全の騎乗で実力をいかんなく発揮しました。

 


2019.06.30 Women Jockeys' World Cup (SWE)

 

藤田菜七子騎手のレッグ別成績

  1. 芝1200m 着外
  2. 芝1400m 1着 Franciskus
  3. 芝1600m 5着
  4. 芝1750m 2着
  5. 芝2100m 1着 Chilterns

第1回女性騎手ワールドカップ・総合成績

  1.  Nanako Fujita (JPN) 48pt
  2. Josefin Landgren (SWE) 43pt
  3. Jane Elliott (ENG) 38pt
  4. Sophie Ralston (IRE) 34pt
  5. Georgia Cox (ENG) 31pt
  6. Ulrika Holmquist (SWE) 28pt
  7. Alison Massin (FRA) 27pt
  8. Jeane Alves de Lemos (BRA) 25pt
  9. Rebecca Danz (GER) 12pt
  10. Kaia Sofie Ingolfsland (NOR) 10pt

 

 

世界における日本の競馬・・・JRAが世界一のわけとは(5)

欧州と日本の競馬の始まり

 現在、世界で行われている競馬の原型は、18世紀に英国で始まり、欧州大陸に広がっていきました。日本では、19世紀の万延元年に英国に倣って横浜で開始されて以来、英国式の競走体系を徐々に整備していき、現在では国際的にPart I(最上位)と認定される「競走システム」を確立することに成功しました。

一方、「賭けシステム」に関しては、英国式のブックメーカー制度ではなく、集中管理式のパリミューチュエル(トータリゼータ)方式を採用しています。

現在、世界最大の勝馬投票売上金額を誇る日本競馬ですが、当然ながら売上から払戻金額を引いた控除金額も世界最大です。では、第2位はというとこれがフランスです。売上そのものでは、オーストラリア、香港、英国の後塵を拝しているフランスですが、「賭けシステム」の違いにより、控除額は日本の約4割を記録し、他の3国を上回っています。

さらに控除額の内訳も日本とフランスは構成がよく似ており、「賭けシステム」に関しては、JRAのお手本はフランスのシステムではないかと思われrます。

 

国-年次 売上金額(百万ユーロ) 国庫 割合 運営費 割合 競走費 割合
日本-2010年 25,435 2,349 9.2% 2,508 9.9% 1,433 5.6%
日本-2017年 24,492 2,312 9.4% 2,521 10.3% 1,255 5.1%
フランス-2010年 9,502 1,011 10.6% 544 5.7% 825 8.7%
フランス-2017年 9,126 858 9.4% 768 8.4% 792 8.7%

各数値データは「国際競馬統轄機関連盟(IFHA)」より引用

International Federation of Horseracing Authorities

JRAの実力の源泉とは?

両国とも、控除率は25%前後であり、国庫への納入が約9~10%となっています。

また、2010年から2017年への推移でも、両国はそれぞれ4%ほど売上金額が減少していますが、日本では国庫納付金の割合が微増しているのに対して、フランスでは減少しています。

運営費の割合は両国とも増加していますが、日本が微増であるのに対して、フランスでは約5割増となっています。競走費に関しては、日本が約1割減であるのに対して、フランスは変わらずとなっています。

競馬の「賭けシステム」の特徴は勝馬投票売上金の分配方法に端的に現れます。国庫納付金と競走の賞金が主である競走費は全額が外部流出するのに対して、運営費は内部に滞留するため、その割合は統轄機関の経済的自由度を表しているといえます。

日本のJRAは、フランスの競馬統括機関フランスギャロに比べて、運営費の割合でも上回っており、売上金額が2.5倍以上であるので、結果として3倍以上の経済力を持っていることになります。

世界における日本の競馬・・・JRAが世界一のわけとは(4)

欧州の競馬と日本の競馬

世界の勝馬投票売上げの上位8カ国(地域)は、日本、オーストラリア、香港、英国、フランス、米国、韓国およびアイルランドですが、これまでの分析で日本と欧州の3カ国を除いた4カ国(地域)はそれぞれ異なった「賭けシステム」の特徴を持ち、分析データの解離が大きいことがわかりました。

逆に、日本と英仏愛の3国は「競走システム」においての類似性が高く、「賭けシステム」においても英国とアイルランドブックメーカーが盛んなことを除けば同じ性質を持っていると言えます。

前項で述べたように、英国とアイルランドを統合して統計を取ると以下のようになります。

 

順位 売上げ(百万ユーロ) 人口(千人) 1人あたり売上げ(ユーロ)
1 愛・英 18,266 70,515 259
2 日本 24,492 127,749 192
3 フランス 9,126 64,721 141

 

各国の払戻率の年別数字は下表の通りです。

 

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
日本 74.9 75.1 75 74.9 75.1
フランス 74.3 73.7 73.6 72.9 73.5
英国 88.9 89.7 90.1 87.7 88.7
アイルランド 89.1 97.4 92 92 94

 

英国とアイルランドではパリミューチュエル方式の馬券も販売されていますが、それぞれブックメーカーの売上げの5%(英国)と2%(アイルランド)の規模なので統計から除外しました。

ブックメーカーを採用している英国とアイルランドでは、業者間での競争が激しいため、払戻率は高止まりせざるを得ません。

その点パリミューチュエル方式の日本とフランスは当然ながら安定しています。

最後に、控除額(売上げから払い戻しを除いた金額)を比較します。勝馬投票券の売上げ以外の収入には広告収入、エントリーフィー収入、寄付などがありますが、それらに比べ、この控除額は巨額で、特に日本の控除額は世界最大であり、第2位のフランスの2.5倍と群を抜いています。

 

売上げ(百万ユーロ) 払戻率 控除額(百万ユーロ) 人口(千人) 1人当たり控除額(ユーロ)
日本 24492 75.1 6099 127749 47.7
フランス 9126 73.5 2418 64721 37.4
英国・アイルランド 18266 90.2 1788 70515 25.4

 

ここで払戻率は以下の統計の2017年の数字を採用しています。英国とアイルランドに関してはブックメーカーのみの数字で加重平均を取っています。(数字は全て%)

1人あたり売上げでは日本を大きく上回っている英国・アイルランドですが払戻率が高いため、ひとりあたり控除額では日本の約半分となっています。

JRAが世界一であるのは、何と言ってもこの巨額の控除を安定的に続けられる点にあり、他国に羨望される所以でもあります。

 

世界における日本の競馬・・・JRAが世界一のわけとは(3)

各国の購買力は?

前回まででアイルランド、オーストラリアが非常に高い勝馬投票購買力を記録していることがわかりましたが、「なぜそれほど馬券を買えるのか?」という疑問は解消されていません。

そこで、各国の競馬ファンの馬券購買力を推定するために、1人あたりの名目GDPの数値と比較してみましょう。

 

順位 1人あたり売上げ(ユーロ) 1人あたり名目GDP($) 売上げ/名目GDP
1 香港 1,798 48,517 4.23%
2 アイルランド 1,102 76,099 1.65%
3 オーストラリア 736 56,352 1.49%
4 日本 192 39,306 0.56%
5 英国 198 42,558 0.53%
6 フランス 141 42,878 0.37%
7 韓国 103 31,346 0.37%
8 米国 28 62,606 0.05%

 

統計に疑問のある1位の香港と最下位の米国を除くと2つのグループに分かれます。アイルランド、オーストラリアの売上げ/名目GDPは日本、英国、フランス、韓国のグループのそれの約3倍の数字になっています。

これらの数字からは、香港も含め、売上げは単にその国家・地域の住民からだけでなく、他の地域からの越境購買が相当量あると考えざるをえません。

アイルランドと英国は何が違うのか?

ブレグジットの大きな障害になっているように、アイルランドと英国は長い国境を接しています。現在のところ自由に往来ができ、そのため英国領北アイルランドアイルランドは交流が盛んで、文化的にも多くの共通点があります。

競馬のレース体系もほぼ共通であり、英国のクラッシックレースには対応するアイルランドの同名レースが存在するくらいです。

では、なぜ1人あたり勝馬投票売上げにこれほど差があるのでしょうか?

各国で行われている大レース

その謎を解く前に、世界的な競馬の統轄機構である「IFHA(国際競馬統括機関連盟)」が認定している「世界のGroup/Gradeレース」のリストから、国別に何レースが認定されているかを見てみましょう。(韓国はPart2に所属しているため、国際的認定レースがありません)

 

https://www.tjcis.com/pdf/icsc19/2019_EntireBook.pdf

 

順位 G1レース数 G2レース数 G3レース数 Gレース総数
1 米国 103 130 214 447
2 オーストラリア 74 93 153 320
3 英国 36 49 74 159
4 日本 25 35 69 129
5 フランス 28 27 61 116
6 アイルランド 13 15 44 72
7 香港 12 7 12 31

 

 米国とオーストラリアが、非常に多く、逆に香港が少なくなっています。これは競馬場数にも関係していて、香港には2カ所しか競馬場がないため、この程度になっています。

これで英国とアイルランドを比較すると英国にはアイルランドの2倍強のGレースがあることがわかります。

 勝馬投票売上げとGレース数との相関関係を見るために、数字自体に意味はないですが売上げをGレース数で割った数字を比較してみます。

 

順位 売上げ(百万ユーロ) Gレース総数 売り上げ/Gレース数
1 香港 13,260 31 428
2 日本 24,492 129 190
3 英国 13,056 159 82
4 フランス 9,126 116 79
5 アイルランド 5,210 72 72
6 オーストラリア 17,746 320 55
7 米国 9,095 447 20

 

これで見ると欧州の3カ国はほぼ同程度の数字になっていることがわかります。すなわち、「欧州では、勝馬投票売上げはGレース数にほぼ比例する」と考えて良いことがわかります。

 

アイルランドと英国の競馬に国境はない!

ここで先ほどの謎に戻ると、EU内であり地続きの両国の間には、「競走システム」だけでなく「賭けシステム」においても融合が進んでおり、アイルランドで計上されている勝馬投票売上げの相当部分が英国からのものである、と考えると説明が付くのではないでしょうか?

世界における日本の競馬・・・JRAが世界一のわけとは(2)

売り上げから見た各国の競馬

勝馬投票売り上げで日本に次ぐ第2位にランクされたのがオーストラリアです。ベスト8を見ても競馬大国とみなされている英米仏が4~6位で香港、韓国、アイルランドなど人口が少ない国・地域が上位にランクされています。

ひとり当たりの売上げ

では、人口ひとり当たりの勝馬投票売り上げはどうなっているのか?以下がそのランキングです。 

順位 売上げ(百万ユーロ) 人口(千人) 1人あたり売上げ(ユーロ)
1 香港 13,260 7,374 1,798
2 アイルランド 5,210 4,726 1,102
3 オーストラリア 17,746 24,126 736
4 英国 13,056 65,789 198
5 日本 24,492 127,749 192
6 フランス 9,126 64,721 141
7 韓国 5,231 50,792 103
8 米国 9,095 322,180 28

 

1位の香港は後背地の中国本土の購買力が加算されていると思われるため除外するとして、2位のアイルランドと3位のオーストラリアはそれぞれ人口約5百万と2千4百万の国ですが、ひとり当たりの購買額は日本の数倍ある、という驚くべき数字が出ています。

驚異的なアイルランドとオーストラリア

アイルランドには紀元前からの非常に歴史のある競馬文化があり、馬産でも欧州一のサラブレッド生産数を誇っています。

 

また、オーストラリアは200年を超える競馬の歴史があり、競馬場数では世界一の357場があり、馬産でも米国に次ぐ世界第2位のサラブレッド生産数を記録しています。


このように世界のベスト8の競馬大国を見ると、韓国以外はそれぞれ古い歴史と競馬文化を持っていることがわかります。韓国については後ほど述べますが、世界最大のサラブレッド馬産国である米国がひとり当たりでは日本の約7分の1、アイルランドの40分の1というのは不思議な気がします。

米国の実状

実は米国の競馬統括団体であるNTRAはまだ20年の歴史しかなく、権限もマーケティング、プロモーションばどの広報活動に限定されていて、実際の運営は各州において競馬場単位で行われています。

 

また、SPMO(secondary pari-mutuel outlets)と呼ばれる競馬場に属さない事業者が多くの売り上げを上げています。NTRAは必ずしもすべてのSPMOの売り上げを把握しているわけではなく、さらに法的に規制が及ばない海外の賭け事業者へ巨額の賭け金が流れていることも予想されます。


というわけで統計に出ている米国の勝馬投票売り上げ金額は実態を表していない、とみることができるでしょう。

世界における日本の競馬・・・JRAが世界一のわけとは

世界の競馬の仕組み

競馬は、現在世界各国で事業として行われています。元来、各国の馬文化の中で競走としてさまざまな形で行われていたものですがイギリスで18世紀ごろに近代競馬の基礎となるシステムが確立されて以来イギリス式の主にサラブレッドによるトラック競走とそれに付随する賭けの仕組みが世界各国に普及しました。

競馬のシステム

現在の競馬は、「競走システム」と「賭けシステム」を基礎として、「馬産」「メディア」などの周辺産業がそれに付随します。

各国の「競走システム」は、サラブレッド血統が共通化されている以外はそれぞれの独自システム(競走条件、免許、賞金など)で運営されています。また、「賭けシステム」を運営する母体は各国により異なります。

古くはイギリスの「ジョッキークラブ」が「競走システム」を管轄し、「賭けシステム」はブックメーカーと呼ばれる複数の私的な事業体が受け持っていたように必ずしも「競走システム」を管轄する主催者が「賭けシステム」を独占している訳ではありませんでした。

また米国は州単位で法律が異なり、「競走システム」は競馬場毎に運営されていますが、「賭けシステム」はOTBと呼ばれる日本で言うところの場外馬券売場が各所にあり、1990年代から国内の競馬場だけでなく、香港やオーストラリアの競馬の勝馬投票券も発売し、レースのビデオ実況も行っています。

「賭けシステム」の配当分配方式ではイギリス式のブックメーカー方式がイギリス、アイルランド、オーストラリアなどで盛んですが、大部分の国は集中管理で大規模化が可能なパリミューチュエル方式(トータリゼータ方式)を採用しています。

 勝馬投票売上げ統計

競馬の規模を判断する基準としては、「競馬場の数」、「競走馬生産数」、「勝馬投票売上げ」などがありますが、最もわかりやすいのが「勝馬投票売上げ」でしょう。

国別の勝馬投票売上げを比較すると以下のようになります。
2017年(単位:億ユーロ)

  1. 日本 245 (JRA地方競馬の合計)
  2. オーストラリア 177 (ブックメーカー+トータリゼータ)
  3. 香港 132
  4. イギリス 130 (ブックメーカー+トータリゼータ)
  5. フランス 91
  6. 米国 91
  7. 韓国 52
  8. アイルランド 51 (ブックメーカー+トータリゼータ)

意外なことがいくつかありますが、それは後述するとして、日本のダントツは間違いないところで、地方競馬を除いたJRA単体としても香港の1.5倍ほどであり、「世界最大の競馬運営団体」といって間違いはないでしょう。
(イギリス、アイルランドでは大部分が、オーストラリアでは約46%がブックメーカーの売上げ、その他の国は、トータリゼータのみの数字)

出典:本統計は、国際競馬統轄機関連盟(IFHA)が、その加盟国の競馬統轄団体から収集した年次統計調査に基づいています。

www.horseracingintfed.com