Eclip’s blog

真の国際化をめざして・・・世界における日本の競馬

JRAの花ー藤田菜七子騎手、女性騎手ワールドカップで総合優勝

4度目の海外遠征で結果を出す

現在、JRAの唯一の現役騎手である藤田菜七子騎手は、2019年6月30日にスウェーデンのブローパーク競馬場で開催された国際女性騎手招待競走「ウィメンジョッキーズワールドカップ」に出場しました。

藤田騎手は、深緑色の勝負服に日の丸デザインの帽子で騎乗し、第2レッグと第5レッグで優勝し、見事総合優勝にかがやきました。

第2レッグでは後方から4角内を突き、馬群を縫いながら外に持ち出し、最後は鮮やかに差し切るという見事な騎乗で、海外初勝利をあげました。

総合優勝のかかった第5レッグでは好スタートから逃げたところに競りかけられ、一旦2番手で折り合って直線で抜け出すという万全の騎乗で実力をいかんなく発揮しました。

 


2019.06.30 Women Jockeys' World Cup (SWE)

 

藤田菜七子騎手のレッグ別成績

  1. 芝1200m 着外
  2. 芝1400m 1着 Franciskus
  3. 芝1600m 5着
  4. 芝1750m 2着
  5. 芝2100m 1着 Chilterns

第1回女性騎手ワールドカップ・総合成績

  1.  Nanako Fujita (JPN) 48pt
  2. Josefin Landgren (SWE) 43pt
  3. Jane Elliott (ENG) 38pt
  4. Sophie Ralston (IRE) 34pt
  5. Georgia Cox (ENG) 31pt
  6. Ulrika Holmquist (SWE) 28pt
  7. Alison Massin (FRA) 27pt
  8. Jeane Alves de Lemos (BRA) 25pt
  9. Rebecca Danz (GER) 12pt
  10. Kaia Sofie Ingolfsland (NOR) 10pt