Eclip’s blog

真の国際化をめざして・・・世界における日本の競馬

知られざる競馬大国オーストラリア-日本競馬の希望となるのか?

歴史あるオーストラリアの競馬

伝統ある競馬といえば欧米を思い浮かべますが、実は200年以上の歴史を持っているのがオーストラリアの競馬です。日本より50年ほど早く、1810年10月15日に英国人の総督によって、シドニーで初のオーストラリアの公式競馬が開催されました。

世界第2位の馬産大国

馬産も盛んで、サラブレッドの生産頭数は、世界で第2位の1万3千頭以上で日本の約2倍の規模を誇っています。

以下は、国際競馬統轄機関連盟(IFHA)からの統計情報です。

順位 種牡馬 繁殖牝馬 生産頭数2015年 生産頭数2016年 生産頭数2017年
1 米国 1,570 32,135 20,600 20,850 20,900
2 オーストラリア 564 19,469 12,638 12,653 13,823
3 アイルランド 240 12,905 8,780 9,381 9,689
4 アルゼンチン 774 12,950 7,454 7,405 7,586
5 日本 242 9,632 6,844 6,905 7,079
6 フランス 296 8,374 4,874 5,305 5,460
7 英国 145 7,403 4,569 4,663 4,674

 

 世界第2位の勝馬投票売上

勝馬投票の売上でも、オーストラリアは日本に次いで世界第2位の規模を誇っています。特徴的なのは、英国式の伝統でブックメーカーが公認されており、パリミューチュエル方式の売り上げとほぼ同規模を売り上げています。
そのためか、パリミューチュエル方式の控除率が低く、世界でもアイルランドに次ぐ86%の高い払戻率を達成しています。

 

オーストラリア年別勝馬投票売上げ(単位百万ユーロ) 

PARIMUTUEL BOOKMAKERS
2010 7,225 3,990
2011 8,028 3,280
2012 8,074 3,225
2013 7,737 3,662
2014 9,584 5,016
2015 9,554 4,998
2016 10,000 6,105
2017 9,596 7,334

 

 興味深いのは、パリミューチュエル方式の売上げは漸増傾向であるのに対し、ブックメーカーの売上げがここ5年ほど急増していることです。この原因は、主催者の高額賞金レース新設などの経営努力もありますが、近年のインターネット投票とサイマルキャスト放送に加え、スマートホンの普及などが要因となっていると思われます。

日本の売上げは、2010年が25,435(百万ユーロ)、2017年が24,492(百万ユーロ)で微減となっていることを考えると、オーストラリアのみならず、ブックメーカー主要国であるアイルランド、英国などがブックメーカー売上げをいずれも同期間で5割以上増やしている事実は一考に値すると考えます。

さらに、パリミューチュエル方式を採用している香港の同期間での売上げは1.72倍となっており、次回はその謎?に迫ります。