Eclip’s blog

真の国際化をめざして・・・世界における日本の競馬

昭和競馬史回顧(3)黒船艦隊、府中を制圧(前編)

ほぼ鎖国の日本競馬

今では、日本馬がドバイ、香港の国際レースのみならず、凱旋門賞キングジョージに挑戦することも日常的な出来事になってきましたが、半世紀前は日本馬の外国遠征は非常に希な出来事でした。


昭和31年の日本ダービーハクチカラが昭和32年に天皇賞有馬記念を制したのちに北米に遠征し、長期滞在して17戦1勝の成績を上げたのが、平成に到るまでの時代に最初で最後の日本馬の海外勝利でした。その後36年間、平成7年にフジヤマケンザンが香港国際カップに優勝するまで、日本馬は海外での勝利から遠ざかっていたのでした。


しかし、決して遠征していなかったわけではありません。また、チャンピオンクラスが遠征しなかったわけでもありません。スピードシンボリタケシバオーメジロムサシフジノパーシアなど日本では超一流と言われたステイヤーがワシントンDC国際競走に挑戦し、スピードシンボリの5着が最高着順という惨敗を繰り返していました。それほど、日本馬と外国馬の実力には差があったということです。

ジャパンカップの創設

そんな時代、JRAは日本馬のレベルアップを目指し、初の国際競走「ジャパンカップ」を創設し、第1回を1981年11月22日に開催すると発表しました。

当時としては世界最高額1着賞金6,500万円など招待馬を優遇したため、米国、カナダ、インドから7頭のエントリーがあり、日本馬8頭を加えて、第1回ジャパンカップは15頭立ての競走になり、国際競走としての体面を保ちました。


しかし、米国、カナダからの招待馬はチャンピオンクラスとは言えず、インド代表馬オウンオピニオンはインドでは最強でしたが、直前のトライアルレースの東京競馬場でのオープン戦で大差の最下位に敗退し、レベルの違いを露呈していました。

第1回ジャパンカップ出馬表

馬番 馬名 性別馬齢 斤量 騎手 調教師 単勝人気
1 1 フロストキング カナダ せん4 55kg L.ダフィー B.マーコ 9
2 2 ホウヨウボーイ 日本 牡7 57kg 加藤和宏 二本柳俊夫 3
2 3 ペティテート 米国 牡6 57kg W.シューメーカー R.フランケル 8
3 4 タクラマカン 日本 牡4 55kg 大崎昭一 松山康久 6
3 5 ラフオンテース 日本 牝5 55kg 岩元市三 布施正 10
4 6 ジュウジアロー 日本 牝5 55kg 安田富男 加藤修甫 11
4 7 ブライドルパース カナダ 牡6 57kg P.J.スーター M.ベンソン 13
5 8 サクラシンゲキ 日本 牡5 57kg 小島太 境勝太郎 12
5 9 ゴールドスペンサー 日本 牡6 57kg 大西直宏 中尾銑治 4
6 10 オウンオピニオン インド 牡7 57kg M.ジャグデイッシュ A.B.デビディアン 15
6 11 ザベリワン 米国 牝7 55kg R.ミグリオーレ S.ディマウロ 1
7 12 メジロファントム 日本 牡7 57kg 横山富雄 大久保洋吉 7
7 13 ミスターマチョ カナダ せん5 57kg G.スターバウム L.N.アンダーソン 14
8 14 メアジードーツ 米国 牝6 55kg C.アスムッセン J.フルトン 5
8 15 モンテプリンス 日本 牡5 57kg 吉永正人 松山吉三郎 2

 

ジャパンカップの1番人気は、米国7歳牝馬のザベリワンで、牝馬限定とは言えG1勝ちとワシントンDCインターナショナルで2着があり、順当な人気でした。次いでモンテプリンスホウヨウボーイ、ゴールドスペンサーの日本勢、5番人気に米国6歳牝馬メアジードーツでした。(続く)